2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

黒ブタさん...分解 & ポータブルに改造

中身はどうなってるんだろう?
アースノーマット 黒ブタを分解してみまし7た(ФωФ)
Dsc_0584

 

特殊なネジでドライバーでは外せないようになってましたw
なのでどうしようか悩みましたが...(´・ω・`)
Φ6ミリのガラスホールソーで回せそうだったので、強く押し当てて回すと取れましたww
Dsc_0585

 

う~ん 銀色の部分がヒーターで、
その熱で液体を蒸発させているようですね( ..)φメモメモ
Dsc_0586

 

実測 平均2.3W 一か月連続でも36円程度です(#^^#)

キャンプに持って行くのでポータブルに改造してみました
Img_20200602_133923

 

ヒーター部分に耐熱チューブで絶縁したニクロム線(8Ω)を巻き付けて
Img_20200602_134153
Img_20200602_134743

 

黒ブタのお尻にUSBケーブルを取り付けました
Img_20200602_142128


実測で5v/0.5A/2.5wとなります。モバイルバッテリー(10,000mAh)で連続12時間ほど駆動できる計算です

ちなみにヒータ部分の温度を計測してみました
AC駆動の時は110℃
DC駆動の時は108℃
でした。ご参考までに(^^♪ 

 

 

電気コンロを低温調理器に改造 PI制御回路 自作

低温調理をしたくて〜温度調節回路を追加してみましたぁ〜😁

61i3j6sfiyl_ac_sl1000_

Amazonでポチッと♪ ニクロム線ヒーター (300/600w切替)電気コンロ SK-65S 単純な作りで制御するならこれがいいね(≧∀≦)

 

Img_20200107_153228

先ずは目標温度以下なら電源をオン以上ならオフ 単純な温度制御をしてみましたが、オンオフ制御だけだと目標温度±4℃程のハンチングが発生してしまいました。これだとちょっと厳しいかなぁ...って事でPI制御にチャレンジしてみよう~!

 

Img_20200422_153028

底板にPIC16F1827制御回路を取り付けて、元々ヒューズが無かったから追加しとこっと。これでちょっと安心かな

 

Img_20200422_154800

正面には穴加工してエンコーダスイッチと温度表示LEDを取り付け

 

Img_20200422_154811

目標温度0.0〜99.9℃・OFFタイマー1〜999分を設定できます 長押しでROMに記憶、次回起動時に既定値として読込

 

Img_20200423_172902

左側に銅板を折り曲げて引っ掛けているのが温度センサー LM35DZ (10mV/℃) 

 

Photo_20200423174201

PI制御(比例と積分でPWM制御)をしてみまたところ65±0.1℃以内に精度が上がりました。今回はD制御(微分)は取り入れなくてもいいと判断したので、PI制御だけにしました (300w 直径20cm 深さ7cm 約2.2L)

 

 

Img_20200117_180557

豚バラをクルクル巻いて表面をカリカリに焼いてから、ビニール袋にタレと一緒に入れて空気を抜くように鍋に沈めて、63℃で2時間低温調理♪
結果は...ぐは><うっま!? 柔らかくて~ジューシー(*´ω`*)

鶏むね肉も63℃で1時間これもしっとり~~♪

温泉卵は68℃で30分

冬場は日本酒の温めにも使えるね〜

色々低温料理してみよっと(^^♪

 

 

イヤホンのノイズをやっつけろ♪ ノイズ対策

ミキシング等で音声グランドの電位差が原因で(。 ・_・ 。)ジィーッって聞こえるノイズが気になってました
グランドループってノイズらしいです
そこでトランスを使って絶縁してみました♪
結果は良好でうちの耳では聴こえないです(*´ω`*)

 

Img_20181227_162211

 

 

Img_20181227_162019

 

1:1のトランス2個とジャック2個とケースだけで
コンパクトに仕上がりました(*^^*)

 

是非お試しあれ♪

 

https://amzn.to/38KC2QU

 

寒い日は、電気カイロ〜♪ 自作 コンパクトVer

お腹に直接当てても大丈夫〜低温ヤケドもしないように温度センサーで40℃をキープ♪ すごく寒いとき用に1時間タイマーで45℃設定可能 & 8時間でオートOFF(*´ω`*)
Img_20181207_134103
電気カイロはすぐに熱くなるからいいですよね♪


今回は制御部を小型軽量化にする為USBコネクタ内にヒータ制御回路とスイッチとLED表示を強引に収納してみたよ(^_^;)
Img_20181206_092139
先ずは押しボタンスイッチを改造してLEDを組み込んでみたよw(写真左側から右側に改造)

Img_20181206_092210
USBコネクタ内に収めるために基板を作成(エッチング失敗しちゃったボロボロのパターン(笑))

Img_20181206_095919
部品をはんだ付けしてさて収まるかなぁ~♪

Img_20181206_120149
なんとか入りましたw 配線はエナメル線で(#^^#)

Img_20181206_120727
USBコネクタに配線して~(*´Д`)...もう少しで完成

Img_20181206_123218
寸法ギリギリに出来上がり(^^♪ LED表示付ボタンにしてなんとか入りました(*´ω`*)
USBコネクタを電源にさすと8時間ヒータは40℃をキープします
LEDを1秒長押しすると45℃を1時間キープしてその後は40℃を保つ仕組みです
LEDの点滅サイクルでどちらのモードか判断できます

さて、次はヒータ部分に取り掛かります!
Img_20181207_113855
100円ショップで買ってきた布を三つ折りにしてチョキチョキ

Img_20181207_115446
ニクロム線を1cm間隔で縫って入れ込んでいきます

Img_20181207_121602
真ん中あたりに温度センサーを入れていきます この辺かなぁ...内側に入れます( `ー´)ノ

Img_20181207_122729
先ほど作った制御器内臓のUSBコネクタを接続して布を折り返して完成

Img_20181207_144945
ポケット式でケーブルもモバイルバッテリーも一緒にしまえるよ(#^^#)

アップが遅くなりましたが、既に使用してます(^^)v
寒い時期は助かりますね♪

OMRON HBF-253W MAC アドレスの取得方法

覚書です。オムロンの体重体組織成計をWi-Fi接続しているのですが、マックアドレスフィルタリングしたいので
体重計のマックアドレスを調べたら...あれれ?どこにも記載されていない...(´・ω・`)
ネットで色々検索したけど...わからない!

 

って事で色々試行錯誤してたら出来たので、記録に残しときます♪
必要なのはスマホとパソコン

 

パソコンを起動させておく次にスマホアプリの「OMRON Wi-Fi設定」アプリをダウンロードしてスマホから起動
スタート→専用ケーブルでスマホと体重計を接続して画面に従って→次へ→次へ→次へ
→通信が終わり→次へ→使用するWi-Fiネットワーク(SSID)を選択して下さい で目的のアクセスポイント等を指定
→ここでセキュリティキーにパスワードを入れて、一番下の「機器に固定のIPアドレスを登録する」にチェックを入れると静的IPアドレスの設定ができるので設定する
→次へ→本体からアクセスポイントへ接続が成功して完了

 

パソコンでファイル名を指定して実行→cmd→OK でコマンドプロンプトを起動して arp -a と入力してEnterキー
するとIPアドレスのリストが表示されているので、先ほどの「機器に固定のIPアドレスを登録する」で登録したIPの右側にMACアドレスが表示されるのです

 

これで無事にアクセスポイントにMACアドレスフィルタリング出来ました(^^♪

 

 

 

寒い日は、電気カイロ〜♪ 自作してみましたw

お腹が...寒い! って事で、電気カイロ2個作ってみましたw
Img_20181222_100822
ニクロム線を手のひらサイズの布に縫い込んで温度センサーで40℃を保つようにしたよw
ポケット付きだから余計なケーブルは収納できるよ

Img_20181222_100731
USB接続で5v/3w 十分温かい(*´ω`*)
一時的に45℃設定もできる(1時間で元の40℃設定になる)合計8時間でオートOFF

Img_20181222_100900
モバイルバッテリーを腰に付けられるポシェットも作ったよ🎶
写真のバッテリー(容量は2300mAh/1本)は3本は入るね
変換効率を考えると1本で連続2時間ちょい
最近の小型モバイルバッテリーだと2本分で6700mAhってのがあるから7時間近くは温かいね(*^^*)
夜寝る時とかも使えるからいいよ♪

色付きレジン♪

材料が揃ったので、ちょっと作って見ましたw
Img_20180208_084621

パステルを削って色を付けてみたよ♪
表面の光沢を出すのが難しい...

次はシリコンの型に流し込んで組合わせる水晶的な物に挑戦してみます😃

任天堂スイッチのジョイコン グリップ改造

標準付属のグリップにジョイコンをセットしてみましたw
fmfm...ちょっと操作がしにくいてすね...
Img_20170828_090558_2

 

早速分解( `ー´)ノ
Img_20170828_154554

 

やっぱりグリップが角度がついてないと...操作しずらい...><w
って事でアルミ板でこんな感じに作ろうと思います
Img_20170828_160502

 

でわでわ金属部分を取り外して
Img_20170828_162857

 

アルミ板に固定して裏側にクッション材を貼り付けてみましたw
Img_20170828_165125

 

 

いい感じになりましたぁ~(#^^#)
Img_20170828_165303

 

 

幅広も作ってみたよ♪
Img_20170906_213715

 

スイッチから取り外してテレビモードで使う時は便利です♪
超軽量グリップだから疲れない(´∀`*)ウフフ
Img_20170906_214124

 

でもでも...充電がなくなったら本体にセットして充電しないといけない><w
しかも本体が充電中でないとジョイコンも充電されない!?
次は充電部分も検討だなぁ~('ω')

 

 

デジタルペーパー&プチ改良

回路設計とかでコピー用紙に下書きをするのですが...紙がもったいない...消しゴムの
カスが...と思っていました(´・ω・`)タブレット等でもいいのですが、細い線で書きたい!
とか~手軽にコストをかけずに!っと検索していたらこんなものが

 

デジタルペーパー 見つかり試しに購入してみましたw
価格は2,999円 重さは240gと軽くA4用紙より一回り小さめです
厚みは5mmとバインダーと同じぐらいですw

 

ボタン電池はCR2025で三年間約10万回の消去が可能だそうです(*^^*)
交換可能でもっと使えるみたいです(@_@)
Dsc_1816

 

2日で郵便メール便で到着(^^♪ さっそく使ってみましたw
色はうす緑で太さは力加減で髪の毛の細さから0.6ミリ位まではOKでした
試しにもっと太く書けるかなぁ~?っとギュっと強めに書いた所はリセットしても表面に
うっすら傷が残りましたが、次の日に見たら消えてましたwww(笑)
Dsc_1817

 

タブレット等は手を画面に置いて書くのが難しく...浮かして書かないと書けませんが、
これは置いても大丈夫なのでいい感じです♪ 爪でも・絶縁物質でも書けますので圧力式ですねw
ボタン一つでぱっと!消せるのはいいのですね~書き心地も気に入ってます♪
ただ、部分的に消せるのと間違って消せないボタンロックがあると良いですね~(*´ω`*)
その他は大変満足でメモ書きにばんばん~使用してますw
Dsc_1818

 

 
 
プチ改良@@?
注意しているつもりでも、本体を軽く持った時にもリセットボタンを押してしまいます><w
(ロックスイッチがあったらなぁ~w) で!適当なプラ板があったので両面テープで取り付けてみました♪
おぉ~♪少し強めに押さないとリセットできません! これは...かなりいいです(^^)v
Dsc_1870
プチ改良?でしたwww(笑)

 

 

がんばれ~掃除機たん(*´∀`)♪

かれこれ10年ぐらい使ってる掃除機たん...いろんなところにガタが...
そろそろ新しいのにしようか、考えていたのですが...いや!まだまだ使えます!
って事で前から気になっていた暗いところをLEDで照らすプチ機能を組み込んでみましたwww
Dsc_1740

先っちょのノズルを分解してテスターとかで電圧を測ってみるとブラシ駆動用にAC100Vが
きているのが判明したので、トランスレス回路を組み込みLEDを光らせてみますw
Dsc_1735

白のLED4灯とコンデンサと抵抗とヒューズのみで出来上がり(^^♪
Dsc_1737

おぉ~これで暗いところもバッチリ@@見えますw
Dsc_1738

もう少し頑張ってね~掃除機たん(*´∀`)♪
Dsc_1739


«LED UVランプ レジン用~♪